今までのこと【本当に好き?編】

こんにちは!
内向型主婦のやねです(^^)/

今日は、今までのこと【初デート編】の続きを書いていきたいと思います!

ついに恋人同士になったせんりとやね!交際は順調に進むかと思いきや…?

目次

ゆっくり進む関係

恋人同士になったものの、しばらくはお互いに遠慮があり、どこかぎこちないカップルでした(笑)。でも、映画を観に行ったり、旅行に行ったり…思い出が増えていくにつれて、2人の距離は少しずつ縮まっていきました。

そして、お付き合いが始まって半年が経った頃、私は大学を卒業し、一足先に社会人になりました。それから平日は仕事、週末は(お互いの予定が合えば)デート、という生活になりました。

週末のデートでは、2人で外へ遊びに行ったり、せんり先輩の家にお邪魔したりしました。付き合い始めた頃より会う回数は多くなっていたのですが、、、この頃の私にはある悩みがありました。実は、デート中のせんり先輩があまり「楽しくなさそう」に見えていたのです…。

デートしてても…

この頃、デートするとなると、私が行き先を考え、せんり先輩が私の提案に賛成する、という流れがほとんどでした。断らずに来てくれるのはありがたかったのですが、観光しているときやごはんを食べているときに「無表情&無言」というときが多々あり(笑)、なんだか私が無理やり連れ回しているような気分になっていました。

しばらくその状態が続き、とうとう私は「せんり先輩は本当に私のこと好きなのだろうか?」とすっかり自信を無くしてしまいました。それでも、3年も片想いしてやっと付き合えた相手なので、簡単には諦められませんでした。

モヤモヤしたままお付き合いを続けていると、その雰囲気がせんり先輩にも伝わったのか、ある日のデートの別れ際、せんり先輩に「やねは僕のこと好き?嫌われてないか心配で…。」と言われました。私は「好きだよ」と答え、その日はそのままバイバイしました。

自分はどうなの?

その後、帰り道で考えてしまいました。せんり先輩のことが好きなはずなのに、ちゃんと好きだと伝えられていたかな、と。そして、せんり先輩から好かれているという自信がほしくて、「デート中にもっと楽しそうにしてほしい」とか、「デートプランを考えてほしい」とか、自分が「もらう」ことばかり考えていなかっただろうか、と。好かれているという自信がほしいなら、私もちゃんと好きだと伝えて、せんり先輩に自信をあげなきゃいけなかったんじゃないか、と。

それから、私はよくせんり先輩に「好き」と伝えるようになりました。面と向かってはなかなか恥ずかしくてできなかったので、LINEで送ることが多かったですが。笑

その甲斐あってか、次第にせんり先輩の方からも「好き」と言われるようになり(!)、さらにはハグなどのスキンシップも多くなりました(!!)。そして、今までは無表情なことが多かったせんり先輩が、私に笑顔を向けてくれるようになりました(!!!)。その笑顔を見て、私は「あ、この人ほんとに私のこと好きだわ」と思いました(笑)。この瞬間、やっと両想いになれた気がします。

続く!

*やね*

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次